リファレンス・マニュアル

このドキュメントは以下の貢献者により著作権所有 © 2010-2015 されています。あなたは、GNU General Public License ( http://www.gnu.org/licenses/gpl.html ) のバージョン 3 以降、あるいはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス ( http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/ ) のバージョン 3.0 以降のいずれかの条件の下で、配布または変更することができます。

このガイドの中のすべての商標は、正当な所有者に帰属します。

*貢献者*

The KiCad Team.

翻訳

starfort <starfort AT nifty.com>, 2017. kinichiro <kinichiro.inoguchi AT gmail.com>, 2015. Norio Suzuki <nosuzuki AT postcard.st>, 2015. yoneken <yoneken AT kicad.jp>, 2011-2015.

フィードバック

バグ報告や提案はこちらへお知らせください:

発行日とソフトウェアのバージョン

2015年2月14日 発行

1. GerbView の紹介

GerbView は、ガーバーファイル (RS 274 X フォーマット) と Excellon ドリルファイルのビューアです。同時に32個までのファイルを表示することができます。

ガーバー・ファイル形式についてのより詳しい情報は次の資料をご参照下さい。 the Gerber File Format Specification ドリル・ファイル・フォーマットについての詳細は以下のサイトで見つけることができます。the Excellon format description

2. インタフェース

2.1. メイン・ウィンドウ

gerbview_main_screen_png

2.2. 上部のツールバー

gerbview_top_toolbar_png

gerbview_clear_layers_png

全てのレイヤをクリア

gerber_file_png

ガーバー・ファイルの読み込み

gerbview_drill_file_png

Excellon ドリル・ファイルの読み込み

sheetset_png

用紙サイズ設定

print_button_png

印刷

zoom_in_png zoom_out_png

拡大・縮小

zoom_redraw_png

画面を再描画

zoom_fit_in_page_png

自動ズーム (ページに合わせてズーム)

gerbview_top_layer_png

アクティブ・レイヤーを選択

gerbview_top_dcode_png

アクティブ・レイヤーで選択された D コードのアイテムをハイライト表示

gerbview_top_info_png

アクティブ・レイヤーについての情報を表示

2.3. 左のツールバー

gerbview_left_toolbar_png

grid_png

グリッド表示のオン/オフ

polar_coord_png

座標系の切り替え (直交座標/極座標)

unit_inch_png unit_mm_png

単位系の選択(Inch/mm)

cursor_shape_png

全画面カーソルのオン/オフ

pad_sketch_png

スケッチ (アウトライン) モードでフラッシュ・アイテムを表示

track_sketch_png

スケッチ (アウトライン) モードでラインを表示

opt_show_polygon_png

スケッチ (アウトライン) モードでポリゴンを表示

gerbview_show_negative_objects_png

ネガのオブジェクトを反転色で表示

show_dcodenumber_png

Dコード値の表示/非表示

gbr_select_mode0_png gbr_select_mode1_png gbr_select_mode2_png

実(raw)モード/スタック・モード/透過モードの切り替え

layers_manager_png

レイヤー・マネージャー・ツールバーの表示/非表示

2.4. レイヤー・マネージャー

gerbview_layer_manager_png

レイヤー・マネージャーは全レイヤーの可視性を制御します。アクティブ・レイヤーは矢印で示され、各レイヤーはチェック・ボックスで表示または非表示に設定できます。

マウス・ボタンの割当て:

  • 左クリック: アクティブ・レイヤーを選択

  • 右クリック: 表示/非表示/ソートのレイヤー・オプション・メニューを表示

  • 中クリック (on color swatch): レイヤー色を選択

3. メニューバーのコマンド

3.1. ファイル メニュー

gerbview_file_menu_png

Pcbnew へエクスポート はPcbnewへガーバー・ファイルをエクスポートする制限付きの機能です。 最終結果は元のガーバー・ファイル内で使用されている RS-274X フォーマットの機能によって決まり ます: ラスタライズされたアイテム (典型的にはネガ・オブジェクト) は変換できません。フラッシュ・ アイテム (位置座標のみ指定のアイテム) はビア (穴) に変換されます。線 (ライン) は軌跡に沿った 線分 (トラック・セグメント)、もしくは銅箔レイヤ以外では図形の線へと変換されます。

3.2. 設定メニュー

gerbview_preferences_menu_png

3.3. その他のメニュー

gerbview_misc_menu_png
  • Dコード・リスト は全レイヤーのDコード情報を表示します。

  • ソース表示 はアクティブ・レイヤーのガーバー・ファイルの内容をテキスト・エディターに表示します。

  • レイヤーをクリア はアクティブ・レイヤーの内容を消去します。

4. 表示モード

GerbView は異なった状況や要求に応じて役立つ3つの表示モードを持っています。

スタック・モードと透過モードはより良いグラフィック表現を提供しますが、コンピューターによっては実 (raw) モードより描画が遅くなるでしょう。

4.1. 実 (raw) モード

このモードは、 gbr_select_mode0_png で選択されます。各ファイルとファイルの各アイテムはファイルが読込まれた順に描画されます。しかしながら、アクティブ・レイヤーだけは最後に描画されます。

ガーバー・ファイルがネガのアイテムを持っている場合、すでに描画されたレイヤーの表示に乱れが生じることがあります。

gerbview_mode_raw_stack_png

4.2. スタック・モード

gbr_select_mode1_png で呼び出され、各ファイルはファイルが読込まれた順に描画されます。ここでもまた、アクティブ・レイヤーは最後に描画されます。

ガーバー・ファイルが(黒で描かれる)ネガのアイテムを持っている場合、このモードでは画面上に表示する前に各ファイルをローカル・バッファに描画するので、すでに描画されたレイヤー上で画像の乱れを生じません。

gerbview_mode_raw_stack_png

4.3. 透過モード

このモードで表示するには gbr_select_mode2_png を使います。表示には乱れがなく、レイヤーは上のアクティブ・レイヤーと組み合わせられて合成されます。

gerbview_mode_transparency_png

4.4. レイヤーの隠蔽

実 (raw) モードまたはスタック・モードでは、アクティブ・レイヤーは他のレイヤーの上になり、下にあるアイテムを隠すでしょう。

ここで、レイヤー1(緑) はアクティブ・レイヤー (横に三角で指示) で、レイヤー2 (青) の上に描画されています:

gerbview_layer_select_1_png

レイヤー2 (青) をアクティブ・レイヤーにすると、最上部に移動します:

gerbview_layer_select_2_png

5. アイテムの移動

アイテムは左マウス・ボタンを押しながら矩形領域を描くことで選択されます。ボタンを離すとアイテムをピック・アップします。左マウス・ボタンのクリックでアイテムを配置します。

6. 印刷

レイヤーを印刷するには、 print_button_png アイコンか、あるいは ファイル → 印刷 メニューを使用します。

注意

アイテムが印刷可能な領域内にあることを確認して下さい。適切なページ・フォーマットを選択するには sheetset_png を使って下さい。

多くのフォトプロッターは、殆どのプリンタで使用される用紙サイズより遥かに大きな広いプロット・エリアをサポートしていることに注意して下さい。もしかすると、全てのレイヤを移動することが必要になるかも知れません。