リファレンス・マニュアル

このドキュメントは以下の貢献者により著作権所有 © 2010-2015 されています。あなたは、GNU General Public License ( http://www.gnu.org/licenses/gpl.html ) のバージョン 3 以降、あるいはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス ( http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/ ) のバージョン 3.0 以降のいずれかの条件の下で、配布または変更することができます。

このガイドの中のすべての商標は、正当な所有者に帰属します。

*貢献者*

The KiCad Team.

翻訳

kinichiro <kinichiro.inoguchi AT gmail.com>, 2015. Norio Suzuki <nosuzuki AT postcard.st>, 2015. yoneken <yoneken AT kicad.jp>, 2011-2015.

フィードバック

バグ報告や提案はこちらへお知らせください:

発行日とソフトウェアのバージョン

2015年2月14日 発行

1. GerbView の紹介

GerbView は、ガーバーファイル (RS 274 X フォーマット)のビューアであり、 Pcbnew で作成したドリルファイル( Excellon フォーマット)も表示することができます。

合計32個のファイル (ガーバーファイル あるいは ドリルファイル)まで読込むことができます。

ファイル(各レイヤ)は透過モードあるいはスタックモードを使って表示されます。

ガーバーファイル形式の詳細については次の PDF の仕様をお読み下さい。 The Gerber File Format Specification - Ucamco.

2. メイン画面

3360000029F09D033B0_png

3. 上部のツールバー

3150000002942B9EBC2_png

gerbview_clear_layers_png

全てのレイヤをクリア

gerber_file_png

ガーバーファイルの読み込み

gerbview_drill_file_png

ドリルファイル(Pcbnewで作成したExcellon フォーマット )の読み込み

sheetset_png

印刷用の用紙サイズ設定、ページ制限の表示/非表示を設定

print_button_png

印刷ダイアログを開く

zoom_in_png zoom_out_png

ズームイン・ズームアウト

zoom_redraw_png

画面を再描画

zoom_fit_in_page_png

ページにズームを合わせる

09900000024E535CABE_png

レイヤを選択

098000000245059DA89_png

Dコード選択 (このDコードを使用するアイテムがハイライト表示される)

099000000242A1CE20F_png

選択中のレイヤに読み込まれているガーバーファイルのオプション情報

4. 左のツールバー

026000001BEE0A3377E_png

grid_png

グリッド表示のオン/オフ

polar_coord_png

座標系の切り替え(直交座標/極座標)

unit_inch_png unit_mm_png

単位系の選択(Inch/mm)

cursor_shape_png

グリッド上のカーソル形状の選択

pad_sketch_png

フラッシュアイテム表示モードの選択(塗りつぶし表示/輪郭のみ)

track_sketch_png

ラインアイテム表示モードの選択(塗りつぶし表示/輪郭のみ)

opt_show_polygon_png

ポリゴンの表示モードの選択(塗りつぶし表示/輪郭のみ)

gerbview_show_negative_objects_png

ネガのオブジェクトを反転色で表示

show_dcodenumber_png

Dコード値の表示/非表示 ( Dコードを使用したアイテムのみ )

gbr_select_mode0_png gbr_select_mode1_png gbr_select_mode2_png

GerbView のレイヤ表示モードの切り替え

5. メニューバーのコマンド

5.1. ファイル メニュー

gerbview-file-menu_png

ガーバーとドリルのファイルを GerbView に読み込むことができます。ガーバーを Pcbnew にエクスポートする補助的なオプションもあります。以前は(昔は)いわゆる Dコードを読み込むこともできましたが、それらは現在廃止され、もはやできなくなりました。

5.1.1. Pcbnew へのエクスポート

PcbnewへガーバーファイルをエクスポートするGerbViewの能力には限界があります。

最終結果はガーバーファイル内で RS 274 X フォーマットがどういった形で使われているかによります。

RS 274 X フォーマットは、変換できないラスター形式の特徴を持っています(主にネガのオブジェクトに関係する全ての機能)。

フラッシュのアイテムはビアに変換されます。

ラインのアイテムはトラックセグメント、もしくは銅箔レイヤではないレイヤに線として変換されます。

そのため、変換されたファイルの扱いやすさは、元の PCB ツールが各ガーバーファイルを作成した方法に大きく依存します。

5.2. 設定メニュー

0A1000000964D11366E_png

レイヤマネージャの表示/非表示、表示のオプション、言語設定、ホットキーの設定/編集へのアクセスが可能です。

5.3. その他のメニュー

07C000000A353743B55_png
  • Dコードのリストは、使用されている Dコードと Dコードパラメータの一部を表示します。

  • ソースの表示は、アクティブレイヤのガーバーファイルの内容をテキストエディタに表示します。

  • レイヤのクリアは、アクティブレイヤの内容を消去します。

6. レイヤマネージャ

レイヤマネージャには2つの目的があります:

  • アクティブレイヤの選択

  • レイヤの表示/非表示

0B3000001287840DA48_png

アクティブレイヤは最後に(最前面で)描画されます。

新しいファイルをロードする際 には、アクティブレイヤが使用されます (新しいデータは以前のデータを置き換えます)。

注記:

  • 項目を左クリック: アクティブレイヤを選択

  • レイヤマネージャの上で右クリック: 全てのレイヤの表示/非表示を切替

  • カラーアイコンの上で中クリック: 表示色の選択

6.1. ガーバーレイヤの表示モード

  • Raw モード gbr_select_mode0_png

各ガーバーファイルと各アイテムはファイルが読込まれた順に描画されます。

しかし、 アクティブレイヤ のみ最後に描画されます。

ガーバーファイルに(黒で描かれる)ネガのアイテムがある場合、すでに描画されたレイヤ上に画像の乱れが生じます。

1E300000128112D054B_png
  • スタック モード gbr_select_mode1_png

それぞれのガーバーファイルは、ファイルが読込まれた順に描画されます。

アクティブレイヤ のみ最後に描画されます。

ガーバーファイルに(黒で描かれる)ネガのアイテムがある場合でも、このモードでは、画面上に表示する前にローカル·バッファ内の各ファイルを描画するので、すでに描画されたレイヤ上に画像の乱れは生じません。ネガのアイテムは、画像の乱れをおこしません。

1E300000128112D054B_png
  • 透過モード gbr_select_mode2_png

1E5000001173F9F077E_png

6.2. 図面のレイヤ選択の効果

この効果はrawモード、スタックモードでのみ有効です。

アクティブレイヤは最後に(最前面で)描画されます。

177000000C0CEC3BA7F_png

アクティブレイヤは最後に(最前面で)描画されます。

1AC000000DFCC4C960B_png

7. レイヤの印刷

7.1. 印刷ダイアログへのアクセス

レイヤを印刷するには、画面上部のツールバーより print_button_png ツール、あるいはファイルメニューより印刷を使用します。

注意

印刷対象が、印刷範囲の中に含まれていること( sheetset_png により適切なページフォーマットが選択されていること)を確認して下さい。

フォトプロッタは、プリンタで使用される用紙サイズより遥かに大きなサイズの出力エリアを使えることを覚えておきましょう。

場合によっては、全てのレイヤをブロック移動コマンドによって移動する必要があります。

7.2. ブロック移動コマンド

対象を選択して(マウス左ボタンを押しながらドラッグ)、画面上の選択された領域を動かすことにより、それらを移動することができます。

最終的に移動している領域を配置するためにマウスの左ボタンをクリックします。